指定された時間通りに運送する

一般的なお客さんに届ける場合

相手の都合をしっかり聞くこと

宅配業界は、荷物を受け取ってもらえなくて再配達をしなければいけないことが大きな問題になっています。
しかし再配達は、自分たちで工夫することで解決できるので安心してください。
再配達を減らすために、前もってお客さんに連絡してください。
すると都合が悪い時は、別の日や時間を指定されます。
その時間に行くと、確実に荷物を受け取ってもらえるので助かりますね。

連絡することを手間に感じていると、自分の面倒が増えてしまいます。
誰もいない時に家に行っても、時間を無駄に使います。
事前に連絡することで、どの順番で家を回れば良いのか把握できます。
すると効率良く配達を終わらせることができるでしょう。
時間を、賢く使ってください。

電話やアプリを使用する

住宅に電話しても、誰も出ないかもしれません。
お客さんが外出している時は、連絡できないので困りますね。
ですがお客さんは、アプリをインストールしているかもしれません。
するとアプリのメッセージ機能を使って、連絡をすることができます。
お客さんがどこにいてもアプリで連絡が取れるので、配達の予定を考えやすくなります。

ですから、お客さんにアプリを普及させることもドライバーの仕事です。
荷物を届けに行った時に、アプリの説明を行うと良いですね。
何となく知っていたけれど、使い方がわからずアプリをインストールしていない人も見られます。
しかしドライバーから説明を聞くことで理解できて、インストールしてくれるかもしれません。


この記事をシェアする